最近の更新 コメントスレッドの表示切替 | キーボードショートカット

  • kingst 6:27 AM | 2015年2月25日 パーマリンク | 返信  

    FX取引とは、為替相場の変動に依って利益を得る手段、

    最近の為替相場は、やや落ち着きを示しているが、昨年暮からの円ドル相場は2割から3割ほど円安効果が出ています。 
    それは、米ドルは勿論、他の豪州やカナダドル、更に、イギリスポンド、スイスフランも同様で、特に欧州ユーロは3割の円安を示しています。
    これはアベノミクス効果の現われと見ていいでしょう。

    さて、FXというのはForeign eXchangeといい、つまり外国の通貨と日本の円の交換の意味を持ち、本来の専門的用語では「外国為替証拠金取引」(margin Foreign eXchange trading)と言ってます。
    ずばり外国の通貨を売ったり買ったりして、利益を得る手段、取引のことを意味します。
    このことは通貨(為替)の取引、売買といいまして為替の変動で利益や損失が出たりするわけです。

    初心者の方がFX(外国為替証拠金取引)を始めるときは、必ずどこかの業者に口座を開設するひつようがあります。現在、日本では、証券会社、商品先物会社、ネットFX専業の会社などさまざまな業者がFXサービスを提供しており、最適な業者を選ぶことが難しい状況となっています。 そこで、初心者の方がFX業者を選ぶ際のポイントを3つご紹介します。 まず、一つ目のポイントが「スプレッド」です。 取引コストとなるのはは、FX業者が売買を代行(売買の注文~成立)をする際のスプレッド、口座管理費などを投資家に分担して負担させる性質のものです。口座管理費は現在ではどの業者も無料ですので、主に「スプレッド分」がFX業者の収益源となります。FX投資家にとっては当然払わなくても良い(最低限に抑えたい)費用になるので、スプレッドが低い業者を選択することが望まれます。 二つ目のポイントは「サポート体制」です。 取引を行っていくと、初心者の場合は特にわからないことも多く出てきます。そこでメールで質問できたり、電話でサポートを受けることができたりする体制が整っていると安心です。特にわからなかったときにすぐに質問できる24時間体制の電話サポートなどがあると大変便利でしょう。 三つ目は「通貨ペア」です。 「通貨ペア」とは売買する通貨の組み合わせのことです。FXの場合業者によって取引のできる通貨の種類、ペアは決まっています。ドルやユーロなどのメジャーな通貨はどの業者でも取り扱っていますが、場合によっては取り扱っていない通貨もあるので、自分が取引をしたいと考えている通貨の取り扱いがあるかどうか事前に確認しておくことが良いでしょう。 以上の3点を念頭におくことで、ある程度業者選びが効率的になるでしょう。
    参考:FX初心者におすすめの業者比較と入門ガイド【完全版】

    通常の場合において、円相場、為替相場というのは、株式などのように激しく乱高下するものでではないのです。 従って、レバレッジという何倍もの取引が出来るのですね。 以前には、50倍、100倍という倍率で出来たが、現在では25倍程度に制限されているようです。

     
  • kingst 6:25 AM | 2015年2月20日 パーマリンク | 返信  

    FXで稼ぐ 

    FXで稼ごうと考えている人は多いと思います。FXは在宅でもできますので、子育て中の主婦だったり、さらには本業があって、副業で稼ごうとする場合なんかにもおすすめとなっています。

    FXですが、こちらはやはりリスクを伴いますので、初めはやはりデモ取引と言うものでデモ取引をすることをおすすめしたいと思います。
    初めからお金を投入して行うと、やはり最初に失敗してしまうとお金を損をしてしまう可能性も高いです。

    ですので、このデモ取引である程度稼げるようになり、取引画面だったりなどもわかるようになってからの方が良いのではないでしょうか。
    そして、FXを始めるにあたっては勉強なども必要です。

    たとえば、今はインターネットでも色々なサイトがありFXについて解説してくれていたり、勝ち方などが書かれていたりもしますのでこういったものを参考にすると稼ぎやすいですし、勉強になることも多いです。

    初めてFXを行うという場合にはこうしたものを色々と見てそして参考にして取り入れていくというのが勝てる方法の一つだと思いますね。

     
  • kingst 6:23 AM | 2015年1月17日 パーマリンク | 返信  

    失敗しないことを目標にするといいです 

    FX取引といえば、やはり、大きな稼ぎを期待する人が多いです。しかし、失敗した場合に、その損失が大きくなってしまうことも、FX取引の特徴です。これは、取引をおこなう上で、忘れてはいけないことだといえます。失敗が度重なってくると、利益どころか、自分の資金を失うことにもつながるのです。

    FX取引をうまくおこなうためには、まずは失敗しないことを心がけることも有効だといえます。そうすれば、損失を出すことも少なくてすみます。そして、少しづつでも利益を重ねていけば、それが大きな稼ぎにつながっていくのです。欲を出さず、失敗しないことだけを目指すといいのです。

    ただ、FX取引では、大きく稼ぎたいがために、レバレッジを最大にしてしまい、大きな損失を出してしまう人も多いのです。

    このレバレッジというものが、失敗の一因ともなるのです。したがって、慣れないうちは、レバレッジは低く設定し、マイナスの方向に行っても、最小限の損失ですむようにするといいでしょう。

     
  • kingst 6:27 AM | 2015年1月10日 パーマリンク | 返信  

    FXトレードの手法の種類について 

    FXトレードは短期トレードや中長期トレードなど取引の方法によって多くの手法があるものとなっています。

    超短期トレードであるスキャルピング手法などは資金効率が非常に高く、数十秒から数分でポジションを解消するので、リスクなども少ない手法となっています。

    また、短期トレードとして、デイトレードなども安全なものの部類になります。
    その日1日でトレードを全て終えてしまい、損失などがあっても確定してしまうので、週末などにポジションを持ち越すことがないので、急激な変動にや週明けの窓開けなどに巻き込まれることがないものとなっています。

    他の手法としては、資金が豊富にあれば中長期トレードであるスイングトレードなどもオススメです。

    基本的にこういった投資は資金があれば負けないものとなっているので滑沢な資金があるのであれば、スイングトレードなどもオススメのものとなっています。
    初心者の方にはこういったスイングトレードがオススメだと思います。

     
  • kingst 6:24 AM | 2014年12月17日 パーマリンク | 返信  

    FXについて考える 

    数年前にFXで60万円負けてしまったという話を聞いたことがあります。
    ポイントサイトなどでコツコツと貯めたお金だったそうです。
    その話を聞いたときは絶対にFXはやらないほうがいいと思いました。

    でも働いてもなかなかお金が増えないので何かいい方法はないかなあと考えたらFX取引をすればお金持ちになれるかもしれないということを思いついてしまいました。

    口座を作ってなけなしのお金を入金しました。

    実際にお金が動くのはとても怖いなあと思ったのですが思い切って買いのところをクリックしました。

    最初はどんどん増えて行ってプラス1200円まで行ったのですがその後どんどん下がっていってしまいました。負けっぱなしで終わるのは嫌なので元の数字に帰るまで待つことにしました。
    でもなかなか元の数字まで回復しません。

    マイナス1万円になってしまったときはこれ以上待っても無駄だから諦めようと思いましたが1か月後に何とかプラス100円で決済することができました。

     
  • kingst 6:26 AM | 2014年11月17日 パーマリンク | 返信  

    FXで失敗しないために、気をつけたいこと。 

    FXで失敗しないために、気をつけたいことを述べます。

    一番大切なのはリスク許容範囲内で取引をすること。必ず余裕資金の範囲内で投資をするべきで、例えば住宅資金の頭金や子どもの教育資金として貯めている資金をつぎ込んではいけない。仮に住宅資金の頭金や教育資金として貯めていた資金を投資して失敗してしまうと、ライフプランが崩れてしまったり、夫婦喧嘩の火種となってしまたり、家族に迷惑をかけてしまう。また、損失を取り戻さなければいけないと感情的になりやすく、投資ではなく投機=ギャンブルになってしまいやすいので注意が必要。

    余裕資金の一部を投資するのであれば、最悪その資金を失ってしまってもライフ欄が崩れくことはなく、家族にも迷惑をかけることはない。授業料と考えれば、冷静でいられると思います。

    投資金額もそうですし、レバレッジをどうするかも大切です。少額であってもレバレッジを大きくすれば、損益のブレが大きくなります。儲かるときは大きく儲かるかもしれませんが、失う時もスピードが早くなります。自分が許容できる範囲内のレバレッジにするべきです。

    このように、いかに儲けるかに重点を置くのではなく、いかに損失を少なくするかのリスクコントロールに重点を置いて少しづつ増やしていくことを目指していけば大きな失敗をする可能性は極めて低くなり、失敗をしても取り戻していける浅い傷で済むでしょう。

    短期で如何に増やすかではなく、長期で考えていきたいものです。

     
  • kingst 6:26 AM | 2014年8月17日 パーマリンク | 返信  

    FXの失敗 

    FXが簡単そうで、元手も大きくなくても気軽に始められそうなので、儲けが欲しい一身でFXの口座を作り、取引をしていました。
    全く無知だったため、見よう見まねでとりあえず売買をして、1円でも儲けると大喜びでやっていました。

    次第にはまってくると、予想を除いたり経済のニュースを見たり、アプリを入れてみんなとつぶやいたりして結構知った気になっていました。
    たまに千円単位で儲かることもしばしばありました。

    この頃は、携帯を常に見ていて売買も頻繁にやっていました。
    しかしある日、ついに失敗してしまったのです。

    今までコツコツ楽しんでいた儲けはあっという間になくなり、
    かなりのマイナスになってしまいました。

    もう少ししたら、円が安くなる予想をしていましたが、実際に値が安く動く前に自分の資金が底をつき、証拠金が納められずになくなく決済するはめになりました。

    大儲けするつもりもなかったのですが、知らぬ間に30万近く何もしないのに失いました。
    やはり、ある程度の資金力ときっちりとした知識がないと手を出してはいけないものだったと反省しました。

     
c
compose new post
j
next post/next comment
k
previous post/previous comment
r
reply
e
edit
o
show/hide comments
t
go to top
l
go to login
h
show/hide help
Shift + ESC
cancel